ジョギングや自転車を漕いだりする時に聴きたい疾走感溢れる曲5選

筋トレをしにいった時にエアロバイクを漕いでいます。
体力をつけるには走った方がいいのかなー、でも膝を痛めやすいんだよなーと思っていました。
どうすればいいのかなーと思ってトレーナーの方に聞いたところ

「それなら自転車を漕ぐのがいいですね」

ということでエアロバイクを漕いでます。
なんとなくですけど、走るよりは辛くない気がするので体力を付けるには走る方がいいのかなーとは思います。でも膝を痛めるよりはマシなのでこれでちょうどいいのかもしれません。

さて、以前走っていた時もエアロバイクを漕ぐ時もいつも思っていました。

「退屈だ」

と。

走りながら日常のちょっとしたことなどを考えていると「ストン」といった感じで頭の中で整理されていくのですが、それが終わると退屈なんですよね。
だからいつも音楽を聴きながら走っていました。今は聴きながらエアロバイクを漕いでます。
持っているiPod touchには3,000曲以上入っているので退屈しないだろう、と思ったけど実は案外そうでもなく。
やっぱり「走る」という行為には適した曲というのがあるもんです。

一生懸命ペダルを漕いでいるのにまったりした曲が流れてくるとリズムが乱れてくるし、走るテンションと真逆の雰囲気なのでリズムが崩れます。
だから走る時用のプレイリスト、その名も「走る」というのを自分で編集してそれを聴いています。

メタルよりもパンク、オルタナ系の方が(思ったよりも)適している気がする

やっぱり疾走感溢れる曲の方がいいですね。
そうなるとパッと「メタルだな」と思っていくつか入れてみたものの、実は曲によってはテンポが乱れてしまいます。

おかしいなーなんでだろう?と思っていたけどすぐわかりました。
メタルはたまに曲の構成によっては途中でテンポが変わるんですね。
最初は激しくスピーディーに進むのに中間でミドルテンポになると、体のテンションは高まっているのにブレーキがかかるような気がします。

例)METALLICA 「Master of the puppets」
もちろん好きな曲なんですけどね。途中で泣きのメロディが入ってテンポが落ちるじゃないですか。
あの部分で「あれ、俺はもっと走れるんだけど・・・」みたいな気になってしまいます。

逆に言えばメタルでも最初から最後まで攻撃的な曲調だとペダルを漕ぐ足にも力が入り続けます。
例)PANTERA 「Fucking Hostile」とか。

パンクは割と最後までテンション高めで攻めてくるので自分のテンションも落ちずに済むんですね。

例)THE CLASH 「White Riot」とか。

でも極論を言えば「曲による」なんですけど。
そんなわけで「走る」の中から個人的に気に入ってる曲を軽くピックアップしてみます。

エアロバイクを漕ぐ(走る)時に聴くと気合が入る曲

Hi-Standard「Stay Gold」


世代的なところもあるんですけどね。
ソロのあたりでちょっとテンポ変わるけど気にせず走り抜けたくなります。

ELLEGARDEN 「Salamander」


サビまで力を溜めて溜めて、サビの「Just let it sliiiiiiiiiiiiide!」のところで一気に力が入ってペダルを踏み込めます。

B’z 「ギリギリチョップ」


出だしからテンション高めでサビの「ギリギリィィィ!」の部分で体力的に辛くても「まだいける・・・」って気になります。

METTALICA 「So What」


Master of the puppetsは合わなかったけどこの曲は合います。
疲れてきて限界でも「だからどうした!(So What)」って気分になってもうちょっと頑張れます。

The Specials 「Little Bitch」


疾走感という点では少し劣りますが、実はこれが意外と適しています。
なぜかというと、スカの裏打ちのリズムが走る時のリズムに意外な程にハマるんですね。

 

本当は5曲じゃなくていっぱいありますけどパッと思いついたものを挙げてみました。
ま、好きな曲を聴きながらやればいいんですけど。
でも運動するときはプラスαの要素があったほうが頑張れる気がするのでね。
気に入った曲が流れてる時はたまに頑張りすぎて酸欠ぽくなりますが。

関連記事

年が明けたので年頭所感でも

台風に翻弄された、20年目のサマソニに行ってきました。

指定した荷物が届かないならアマゾンプライムデーはやらなくていい

癒されたければ銭湯に行けばだいたいOKです

スマホのメモ帳が便利だから使わない理由がない

月一勉強会をやってきた